藤原尚輝 「トリガーシステム(TriggerSystem)」 は稼げるのか?詐欺なのか?判断結果は?

藤原尚輝 「トリガーシステム(TriggerSystem)」 は稼げるのか?詐欺なのか?判断結果は?

こんにちは、イトウです。

本日は、藤原尚輝氏 「トリガーシステム(TriggerSystem)」という無料オファー案件の検証です。

『2日間で80万円稼いだ衝撃!』なんていうキャッチコピーが、冒頭に輝いていますね!

さてさて、どんなビジネスモデルなんでしょうか?

そしてこの案件は、稼げるのか?詐欺なのか?判断結果はどうなるのか??

しっかり確かめていきましょう!!

 

トリガーシステム
トリガーシステム

【特定商取引法に基づく表記】

販売会社:合同会社マックスウェル

メールアドレス:info(アットマーク)trg-felix.biz

所在地:北九州市小倉北区黄金1-9-1-504

販売URL:http://trg-felix.info/lp/knm2/

 

判断材料の抽出

検証
検証

 「トリガーシステム(TriggerSystem)」は実際のところどうなの?

「トリガーシステム(TriggerSystem)」というこの案件は、どんなビジネスモデルなんでしょうか?

まずは、LP(ランディングページ)を確認してみます。

「少資金10万円で最短即日から1日10万円稼げる」

と書かれていますね。

少し誇大表現気味な気がします。

「2日間で80万円」

「最短即日1日10万円」

数値や金額は違いますが、案件のLPありがちなコピーですよね。

でもほとんどの案件のLPでは、詳細な確証の持てる実績やロジックの記載がありません。

 

続いて書かれているのが、

「先行モニター50名全員が1日10万円の収入を受け取っている

驚異的なシステムが今だけ完全無料!!」

ということ。

今回は500名の募集らしいです。

 

トリガーシステム
トリガーシステム

「稼ぎすぎて口座凍結」ということも書かれていますが、

ビジネスモデルは、投資案件のような感じではありますが、

「口座凍結」の可能性があるとなるとFXのスキャルピングなのかな?

 

トリガーシステム
トリガーシステム

3つの秘密のひとつとして書かれていますが、

原則として、儲けすぎたという理由だけで口座凍結されることはありません。

スキャルピングで稼ぎすぎた場合はありえるようですけどね。

あわせてFX業者によっても出てくる可能性があるようです。

 

ただ、LP記載されている実績は、いずれも確証を持てるものではないので、

はたして本当に稼げるかどうかは疑問です。

 

特商法表記を確認してみます

このLPでは、特商法表記に電話番号の記載はありませんでした。

しかしながら、ほかのレビューなどを確認してみると、

東京の市外局番である「03」から始まる電話番号が記載されているLPもあるようです。

LPによって違うのでしょうか?

それとも、所在地と市外局番が合わないので、削除したのでしょうか?

 

たまにあるんですよね。

所在地と電話番号の市外局番があっていないこと。

案件のために、地方で会社を設立したのかも知れませんね。

 

さて販売会社の「合同会社マックスウエル」ですが、

実はこの会社が取り扱う案件を以前にレビューしてました。

 

合同会社マックスウエルと藤原尚輝氏

その合同会社マックスウエルが取り扱っていた案件が、

「吉野真隆氏のVisionary System(ヴィジョナリーシステム)」

というものです。

『Visionary System(ヴィジョナリーシステム)吉野真隆は本物?査定検証!??』

LPの雰囲気も似ています。

最終的には、超高額バックエンドでしたね。

やっぱりこの案件も可能性はありますね。

 

開発者の藤原尚輝氏ですが、ネットで検索しても、

それらしい情報は一切出てきません。

実在する方なのでしょうか?

仕方がないのでメール登録

結局、LPでは何もわからないのでメール登録してみます。

するとやはりビジネスモデルはFX。

そして、自動売買システムでしたね。

ただ、システム配布は14日間後になるとのこと。

このパターンは、前述の「Visionary System(ヴィジョナリーシステム)」

同じですね。

前回は、オプトインアフィリエイトだと考えていたのですが、

それだけではありませんでしたね…。

判断材料からの結論

判断結果
判断結果

この案件「トリガーシステム(TriggerSystem)」については、

・LPに記載されているような実績はおろか、実践者や藤原尚輝氏の実績も不明。

・藤原尚輝氏は、顔出しもなく実在する人物かも不明。

・販売会社の合同会社マックスウェルであること。

・さらに「Visionary System(ヴィジョナリーシステム)」と同様に

バックエンドが控えている可能性が高い。

などを考慮すると、とても危険な感じがします。

したがって、この案件は避けるべきだと判断します。